FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1ヶ月で体得できる言語って何だ? 

バイリンガルマンガのサイトはこちら
第4作「コンビニエンス」をアップしました。
かわいくて、なんとも、味わい深いストーリー。

英語の発音,バイリンガルマンガ


いろいろな人の英語勉強法が見れますよ。私も参加。



メールマガジンもどうぞ




12カ国語達人のバイリンガルマンガと十戒(英語版)
 
 



バックナンバー
powered by まぐまぐ (ID: 0000208385) まぐまぐトップページへ





┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬

■ 「ハルペンジャックの12ヶ国語の旅エッセイ」

~ 1ヶ月で体得できる言語って何だ?

私はかねてから「半年もあれば外国語は話せる」と主張していますが、
「1ヶ月もあれば話せる」と断言できる外国語もあります。

答えはエスペラント語。

国際語の代表格エスペラント語は、幾つもの優れた特長を備えた言語ですが、
中でも特筆すべきは、その覚え易さです。

ある大学でエスペラント語と特定の欧米語との学習効果を比較する研究調査を
行ったところ、一定期間内に於いて、エスペラント語は最低でも他の言語の五倍、
良い条件が整えば十倍もの学習効果が上がるのだそうです。

なぜか?

まず、エスペラント語は音韻体系が極めて単純で、完璧に音標的であるからです。
つまり、同じ綴りでも発音が様々に変化する英語やフランス語の表記に対して、
エスペラント語は一つの綴りに一つの発音が対応する、
平仮名のようなものだと考えると分かりやすいでしょう。

その上、アクセントは必ず終わりから二番目の音節にあると決まっています。

ということは
目で見た文章は‘必ず’正しく読める。
耳で聞いた文章は‘必ず’正しく書けるのです。

文法構造には非常に柔軟性があり造語力にも優れています。
つまり、語幹が少なく派生語が多いという膠着言語の特徴を備えている。

一つの例をあげると:

「grand(大)を語幹とする派生語」

        grand + o (名詞) → grando(大きさ)
        grand + e (副詞) → grande(大きく)
        grand + a (形容詞)→ granda(大きな)
        grand + ig^i(自動詞)→ grandig^i(拡大する)
        grand + igi (他動詞)→ grandigi(拡大させる)
mal(否定)+ grand + a  (形容詞)→ malgranda(小さな)
mal(否定)+ grand + igi (自動詞)→ malgrandigi(縮小する)


以前私はこんな経験をしました。

エスペラント語の会合に遅れてしまったときのこと。

「遅刻して済みません」と謝ろうと思ったのだが「遅刻」という言葉を思い付かない。

改めて辞書を引く時間はない。

そこで、膠着言語の仕組みを踏まえて考えた。

「早」を意味するのは「frue」、それに否定の「mal」と自動詞を表す「ig^」、
更に過去形の「is」をくっつければ「malfruig^is」になる!

これで結果は百パーセント正解でした。

気になる文法についてはここでは詳しく説明しませんが、
性・数・人称による動詞の活用がなく構造も日本語に近いので、
日本人にとって馴染み易いとだけ申し上げておきます。

これだけ簡潔だと、悩みのタネになりがちな単語学習の問題も生じません。


完全に体系的・普遍的に確立されている造語法を理解しておけば、
自分で語彙を様々に生成出来る。語学の楽しさを充分満喫出来るわけです。

毎年日本で行われているエスペラント語合宿では、
アメリカ人も日本人も中国人もドイツ人も、
己れの母国語に因われずに等しくエスペラント語で話し合っています。

このような光景を目にする度に、
これこそが文化や民族や国家を超越した‘真の国際交流’の姿だと、
私は一種の感動を覚えたりします。
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://12language.blog77.fc2.com/tb.php/12-f7ba35cb






SEO対策:英語,発音,ことわざ,勉強,教材,漫画,翻訳,通訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。